前へ
次へ

不動産登記に関することは司法書士に相談する

土地と建物の権利関係は複雑なので戸惑ってしまう人もいますが、不動産に関する悩みは司法書士に相談すれば直ぐに解決してもらえるので何も心配することはないです。
基本的に土地と建物は別個に登記をしなければならないので面倒なことが色々あり、土地の所有者と建物の所有者が別々の人になるととても厄介なことになります。
そのため殆どの場合土地と建物の所有者は同じなのですが、偶に所有者の名前が違う場合があるのでその時は法律のプロに相談して一刻も早く問題を解決することが大切です。
このようなケースは稀なのでそれほど心配することはないのですが、不動産について問題となるのは登記に関することで特に相続が原因で所有者が変わった時には出来るだけ早く所有権移転の登記をする必要があります。
ただ所有権移転の登記は少し複雑で不動産登記法を理解していないと難しいので、この場合も何をしたら良いのか一人で考え込まずに司法書士に相談に乗ってもらった方が良いです。

Page Top